企業の境界を超えて

Stabilimento produttivo Arper© Mark Mahaney

Arperのトレヴィーゾ工場へようこそ。通りを挟んで創業当時からの本社社屋の向かい側に建てられたこの建物では、椅子の布張り作業が行われています。田園地帯に囲まれた最新鋭のアトリエといった風情です。この建物の中は、皆が一心に作業に取り組む勤勉な雰囲気に満ちています。ロボットがプログラムに従って様々なカラー、形状、サイズのレザーと生地の正確な裁断や糊付けや縫製を行いながら忙しく稼働し、専門工員が椅子やオットマンやソファーを丹念に仕上げる姿があります。そこはハイテク技術と職人技が融合し、Arper 製品を作り出す場所なのです。

© Mark Mahaney

この工場は物理的な境界を超えてトレヴィーゾ全域へと広がる存在です。トレヴィーゾには、この地の手工芸、技術的ノウハウ、文化、起業家精神から誕生した卓越した製造業による独特の経済構造が成り立っています。

Tessuti Arper© Mark Mahaney

トレヴィーゾは、世界レベルの「産業地帯」としての経済モデルが最大限に表出した地域なのです。地元の伝統的手工芸に発して、多彩な能力と協働精神に根ざした進歩的な産業体系が発達しました。それを支えたのは地の利の良さ、比較的小さな規模、専門性の強さでした。 Arper のルーツはトレヴィーゾにありますが、そのビジョンは地元の垣根を超えて広がっています。

Moltitudine di colori Arper© Mark Mahaney

実際、Arper はヨーロッパや世界中のプロフェッショナルや専門家のネットワークを活用し、彼らのノウハウを余すところなく投じており、そのチームはアトリエの領域を遥かに超えた世界の才能の集まりです。必要な知識、技術、美的感性を統合して、地理的な枠にとらわれることなく世界中のどんな機械を使っても作ることのできないような椅子の製作、布張り、テーブルの設計に取り組んでいます。

2014年に Arper は米国ノースカロライナ州の家具製造の長い伝統を誇るハイポイント工場での生産を開始しました。

© Mark Mahaney

ハイポイント工場は、我社にとってトレヴィーゾ地域外の初の工場です。面積はイタリア工場の3倍(9000平米超)もあり、現地が提供する優れた労働力とそこに元々根強く息づいていた職人気質により、特に椅子張りや上張り仕上げを中心とした生産が行われています。
高度に特化された労働力と世代を超えて受け継がれてきた職人技の伝統を提供する地域への投資を選んだことは、当社のデザインに対する価値観と「人」を中心に据えたアプローチと完璧に調和します。

© Mark Mahaney

さらにアメリカの企業としての運営が可能であり、アメリカ市場からのオーダー処理時間を短縮し、現地でのサービス力を強化し、同時に二酸化炭素の放出量を減らして環境への影響も低減できるため、生産性と労働力のいずれにおいても戦略的な投資といえます。
これにより年間成長率は物流量が20%、生産力は70%アップし、今日アメリカ市場で人気の高いコレクションは100%ハイポイント工場で製造されています。

「アメリカの巨大な可能性を信じています。デザイン市場においてアメリカは世界的にも急成長中の大切な市場です。」Arperの理事長、クラウディオ・フェルトリンはこう語ります。 「ハイポイントはアメリカでArper製品を生産する理想的な拠点です。実際、現地の従業員は高度な専門的能力とプロ意識が得られる可能性を秘めています。」

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。