出会いの場

© Adrià Cañameras

このバールではオーケストラがチューニングでもしているのでしょうか?お皿の鳴る音、エスプレッソマシーンの蒸気音、ステレオから聞こえるズンズンという低音やザワザワとして話し声が、だんだん高まりながらひとつの BGM となっていきます。 その中に、一組、異色のアンサンブルがいます。人の様子を観察し、ときおりノートパソコンでメモをしているブロガーの女性と、その隣にいるライターです。ライターの男性は、近くでテキストに向かって勉強している2人の学生を見ながら、夢中な様子でメモ帳に数行メモを走らせています。こちらの友人同士らしい2人はおしゃべりに夢中。注文していた飲み物を受け取るとすぐまた話し始めます。2人の隣で記者が取材を始めました!仕事、プライベートの時間が一体となり、バールは活気で溢れています。

© Adrià Cañameras

無数の声と動きが交錯する中にもくつろぎのあるこの空間には、仕事とプライベートが共存しています。仕事の会議も、友達同士のおしゃべりの中で発生します。お気に入りのブログを見ながらメールを書いたりすることもあります。ある活動から別の活動へと自在に移ることができる環境には刺激があります。少し居場所を変えて、コーヒーを一杯飲むだけでも、ずいぶん違ってくるものです。

© Adrià Cañameras

「幸か不幸か、私の場合、大好きだったファッションをそのまま仕事にすることができました。そうすると、仕事とプライベートの境界があまりはっきりしないことが多くなります。私のスケジュールは取材や写真撮影、打ち合わせの約束などでびっしり埋まっています。街を動き回りながらするのが私の仕事です。大抵バールに寄ってメールを書いてコーヒーを飲んで、友人やクライアントに会って、ということを繰り返しています。」

© Adrià Cañameras

Jeremy(ジェレミー) - ブロガーブリーフ No. 4 Vol. I — ライフ&ワーク

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。