エジュケーション

© Adrià Cañameras

学校においては、講義そのものと同じくらいに勉強に取り組む環境が重要となり得ます。ダイナミックな環境があると、二人での話し合いやグループプロジェクト、クラスでのディベートなど、多様な学びのモデルによって、新しい発見が促進されます。

© Adrià Cañameras

例えば食堂のテーブルや椅子は、日中の小規模の集会や食事時間中の大人数での集会ができるように配置されています。こうした環境は機能的な観点において重要であるのみならず、精神的オアシスとしての役割を果たし、頭脳状態を学習に適したものに整えるのに役立ちます。

© Marco Covi

また建物の設計にあたっては学生たちのみならず学校コミュニティーの一部である教員、スタッフ、保護者のニーズも考慮されています。

© Adrià Cañameras

教員にとって教室は学習、塾考に加え、学生との交流、教員同士の交流にも適した機能を持ったものでなければなりません。こうした空間を通してこそ、ものを考える集団を形作り、推進することができます。周囲の環境こそが、批判的精神を養うことに役立つのです。そうして得た学びは、その人の人格にも刻み込まれます。

© Adrià Cañameras

学校には公式な形における教えの領域を超えたところにも影響を及ぼす力があります。人の将来の選択に方向性を与え、人間社会、共同作業、そして常日頃からの成長について教えるのも学校です。過去に起きた事柄を知り、尊重すること、そして将来的に成長できる可能性を養うことは、将来の人材を育てるにあたって理想的な基礎となります。「暖かく、刺激のある校舎であれば、学生が学習によりよく向き合えるようになると考えています。教室は学生を知的に刺激しながらも同時に心地よく感じさせる場所であるべきでしょう。」Tomas(トーマス) - 教員Brief N°4 Vol. I — Life/Work

 

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。