適応・再利用・リサイクル

© CornbreadWorks

情熱にかられてか、はたまた絶え間ない変革へのニーズからか、デザインというのは、週7日、24時間体制フルタイムの作業です。

ハールレムの通信企業 Heldergroen のために、終日の活動を受け入れ、多角的に行うためのフレキシブルな多目的空間を企画したオランダの建築スタジオ Zecc Architects は、それを熟知しています。

© CornbreadWorks

室内環境は、ガラスの壁と、LEDと音響パネル装備の大きな天井ニッチに、コンピュータ及び周辺機器を個別にリフトアップしてフェードアウト収納できる3つの大きな作業台で構成されています。劇場の舞台装置も手がける同スタジオのスタッフにより設計されたこの装置は、夕方の会議、パーティー、新製品のプロモーションイベント、展覧会、さらにはヨガのレッスンなど、多岐多様な活動のための広い空間を創り出すことが可能です。この方法により、真に多機能なスタジオができるのです。それだけでなく、作業台をリフトアップすることは、盗難防止にも理想的です。

また、多くの内装材や什器は、リサイクル素材から作られています。キッチンのキャビネットドアには圧縮されたスクラップ車のドアが使われ、テーブルトップは回収された電柱から作られています。

© CornbreadWorks

また、多くの内装材や什器は、リサイクル素材から作られています。キッチンのキャビネットドアには圧縮されたスクラップ車のドアが使われ、テーブルトップは回収された電柱から作られています。

全てが再利用の対象となる環境の中で、ArperのCatifa(カティファ)コレクションは、この空間に実現されたスタイルと思考の橋渡しの役割を果たします。個々のデスクの前には、独特のビジュアル効果を与えるための特徴的な外観だけでなく、多機能オフィスにおけるいかなるニーズにも充分に応えられるフレキシブルなCatifa53(カティファ 53)が1脚ずつ置かれています。さらにデザイン上の考え方にぴったり一致しているのは、Catifaの環境負荷がLCA(ライフサイクルアセスメント)の認定を取得していることです。この認定は、使用原料の原産地、生産工程、製品の使用、廃棄処分までの過程において製品を評価するものです。LCAの取得により、Catifaは環境持続性というプロジェクトの目標を達成しています。

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。