Woohnhuis Weijnen 2.0

Woohnhuis Weijnen 2.0Föllmi Photo-graphy © I see for you

Woonhuis Residence1.0で収めた成功から、オランダのFARO Architecten スタジオは最近、アムステルダム近郊のアイブルフでゼロインパクトの住宅群を完成させました。

WOONHUIS WEIJNEN 2.0.はクレイドル・トゥ・クレイドル(C2C、完全リサイクル型)の原則に基づいています。それによれば、耐用年数の終了時に、使用された材料は自然分解するか、最小限の環境負荷でリサイクルされることになります。この住宅は、二酸化炭素排出量をゼロに削減し、有機絶縁材料と三重ガラス、防水結合部及び熱交換器の使用により温度制御と最適な快適性をつくるという目標を達成しています。ペレットストーブやヒートポンプで暖房を行う一方で、調節可能なシェーデイングが家を涼しく保ちます。地面から2mの地中に設置された熱交換器が外部との空気の交換を保証し、冬期は暖房を、夏期は冷房を行います。外装壁に配置された温水ヘッダーは、暖房装置の一部として作動し、バスルームへ温水を供給します。家の電力需要は、タービンや風力発電により賄われます。大容量のボイラーがエネルギーの十分な蓄積を可能にしています。地下水への影響を軽減するために、雨水をバスルームと洗濯用水の両方へ利用し、家を自然水の循環サイクルに組み込んでいます。

Woohnhuis Weijnen 2.0Föllmi Photo-graphy © I see for you

環境に有害となりうる塗装剤や保護塗料の使用に代えて、木材製の外装壁は日本古来の伝統に従って処理しました。木材の上部層は天候による影響から保護するために炭化されており、さらに塗料や浸透性保護剤を使用する必要はありません。このプロジェクトのために選ばれた家具は、同一の建築原理に則っています。キッチンの古い食卓は、緑のポリプロピレンのCatifa(カティファ)チェアとコーディネートされています。Catifa (カティファ)チェアは、製品全体が自然な美しいデザインであることに加えて、99%リサイクル可能という確かなコンセプトアイデンティティを持った製品なのです。

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。