形とイメージの
中にある
システム

Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes© Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes

フォトグラファーの Maurice Scheltens(モーリス・シュルテンス)とビジュアルアーティストの  Liesbeth Abbenes(リースベス・アベネス)の2人で構成されるクリエイティブチームが愛してやまないのが、アート表現、コミュニケーションツールとしてのスティルライフ・フォトグラフィーの技術です。スタジオ 2X4 そして Lievore Altherr Molina (リエヴォレ・アルテール・モリーナ)スタジオと共に、Arper ウェブサイト上にある新しいプロダクトイメージを手がけているのがこの2人です。

Paradis by Maurice Scheltens© Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes

シュルテンス&アベネスの持ち味は高度な技術、細部へのこだわり、精密で明確な構成です。どの題材を取っても、2人の作品にはその巧みな構成がしみ渡っています。その構成とは、17世紀のフラマン派による静物画にインスピレーションを得た花や食べ物の構成から、超現代的なアクセサリや現代クリエーションのラインに至るまでさまざまです。

Herme boxes & Cardbord box by Maurice Scheltens© Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes

空間におけるものの体系に配慮し、慎重なカメラ配置によって対象を意図的に平面的に見せることで、独特の視覚的効果を生み出します。
できあがるイメージは一見シンプル過ぎるように思われるかも知れませんが、奥行きとプロポーションを巧みに使った二次元構成により、すぐさま形の対話、変化が生まれます。

Packing story by Maurice Scheltens© Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes

2010年、シュルテンス&アベネスは Arper のコレクションを手がけました。2人の作り出したイメージの中には、被写体となったコレクションやプロダクトを動的で表現力のある図表のように見せているものがあります。そうしたイメージは、デザインの仕組み、モジュール、作り方や材質のバラエティーを表し、形が生来持ち合わせた精神性を表現しています。

もうひとつが、繰り返しや増幅の見せ方、または軽い色のバリエーションによってプロダクトのクリエイティブポテンシャルを想起させるイメージです。こうした手法で作り出される画像は、Arper のスタイルの特徴である本質的な形、優雅なラインを際立てる見事な仕上がりです。

Scheltens & Abbenes - Arper photo shooting making of© Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes

Arper photo shooting team - making of© Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes

Abbeness & Leaf - Arper photo shooting making of© Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes

常に最新情報を入手!
製品やイベントに関する新着情報
ストーリーなどをお届けします。

Arperアプリのご紹介

Arperアプリをタブレットにダウンロードして、Arperの世界をご堪能ください!