外苑前にアルペール・ショールームがオープンします。

© Nacása & Partners

この度、イタリアの家具メーカーArper|アルペールは、2016年11月17日(木)に新たなフラッグシップショールームを東京・青山にオープンいたします。

© Nacása & Partners

アルペールは、世界各国のコントラクト、個人宅、オフィスに向けて、デザイナーチェアやソファ、テーブルを製造販売し、イタリア北部の都市、トレヴィゾを本拠としています。1980年代に、アルペール社CEOクラウディオの父であり、現在名誉会長であるルイジ・フェルトリンが起業した家族経営の小さな皮革製造会社が、1989年にスタートしたビジネスプロジェクトから発展しました。現在では、日本、北米、中東、イギリスに拠点を持ち、スウェーデンとシンガポールに支社を、ミラノ、ロンドン、ケルン、ストックホルム、アムステルダム、オスロ、コペンハーゲン、ニューヨーク、シカゴ、ドバイ、そしてトレヴィーゾにある本社に併設されたインハウスショールームを含む11の主要都市にショールームを構えるグローバル企業です。

© Nacása & Partners

この成長の過程で、東京にショールームを開くことは、北東アジアにおけるデザインコミュニティとの長期にわたる関係を築いていく上でのマイルストーンとなります。

© Nacása & Partners

—アルペール社代表取締役社長兼CEO、クラウディオ・フェルトリン

「ここに来られたことをとても光栄に思います。私たちがコレクションのデザインアプローチを考えるとき、日本はいつもインスピレーションを与えてくれます。アルペール製品のほとんどが、私たちが称する”本質の追求”の成果です。それらは、タイムレスでエレガントであるようデザインされた、シンプルで独特なフォルム。とても自然に感じる一方で、正確で厳密な計算のもとにつくられたということが明らかです。この価値を上手に取り込んでいる日本文化への深い尊敬の念から、私たちの哲学が生まれています。同時に、アルペールブランドは地中海文化を体現したものであり、生き生きとした彩り、遊び心あふれる雰囲気、創造性、そして家族のように親しみやすい感覚は、イタリア生まれの特性で、私たちのコレクションに自然と馴染んでいます。」

© Nacása & Partners

アルペールの東京ショールームは、アルペールジャパンのオフィスも併設しています。アルペール社の現地チームが、セールスとオペレーションを管理し、日本のほか韓国と台湾の市場に合わせた運営をしていきます。

「サービスは私たちにとって基本です。世界中どこでも同じレベルのサービスとサポートを、クライアントに保証できるようにしています。まずは、北東アジア地域のビジネスパートナーとの関係を構築するため、東京にオペレーションハブを設置しました。北米に進出したときの経験をもとに、現在北東アジアに向け集中した製造とロジスティックスを整備する計画が進んでいて、お客さまをお待たせすることなく安心できるサポート体制を整えています。」

© Nacása & Partners

© Nacása & Partners

アルペール東京ショールームは、ハイエンドなクリエイティブの中心地である青山エリアにあります。300平方メートルの二階建てのフロアでは、シンプルさ、柔軟性、美しさを併せ持ち、単なる機能を超えた家具の取り入れ方を提示して、居住空間とオフィスの境界線を曖昧にする、アルペールの個性的なビジョンを映し出しています。

2016年サローネ国際家具見本市で発表された最新作をはじめ、ワーク、ラウンジ、コントラクトモデルの椅子のほか、ソファやテーブル、吸音パネルや装飾品が展示されています。最新作には、Lievore Altherr Molinaによるデザインの、Catifa|カティファシリーズ、Parentesit|パレンテシットの自立パネルと壁掛けの吸音パネル、Meety|ミーティのテーブルがあります。

また、アルペールブランドを象徴するコレクションの展示も充実しています。工業デザイナーの岩崎一郎がデザインしたPix|ピックスのオットマンとテーブル、色と組み合わせのバリエーションが豊富な、アルペールが手がけた最初のワークチェアKinesit|キネシット、James Irvineがデザインした遊び心あふれるJuno|ジュノ。

© Nacása & Partners

そのほか、人気の高いコレクションが続々と登場いたします。Jean-Marie MassaudによるSteeve|スティーブのソファ、Fattorini+Rizzini+PartnersがデザインしたCross|クロスのテーブル、国際的なアワードであるコンパッソ・ドーロを受賞したサイモン・ペンジェリーによるNuur|ヌールのテーブルなど、オープン後も新たなアルペールの傑作を東京ショールームでお楽しみいただけます。

© Nacása & Partners

Arper Tokyo Showroom
東京都港区北青山2-7-22
H・T・神宮外苑ビル8階
T 03-5775-0008
 

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。