ロンドンのSlackオフィス

© Philip Durrant

ODOS Architects は最近、2013年8月に発表された社内通信プラットフォームを提供するSlackのロンドンオフィスのプロジェクトを手掛けました。ODOSでは2015年にもSlackのダブリンオフィスを設計しており、今回オープンしたロンドンの新オフィスはヨーロッパで二番目のものです。

© Philip Durrant

新オフィスはロンドンの中心部にあるビルの最上階で540平方メートルの面積を占めています。建築家たちは、Slack社の「円熟していてタイムレスな」美的センスを反映するモノトーンのカラーを選びました。

「街を見下ろす目」のような黒いフレームから入ってくる自然光で照明されたオフィスは、ロンドンの高層ビル群と向き合う位置にあり、熟考とひらめきを助けるような仕事空間をつくることを狙いとして設計されています。
会議室、作業エリア、ラウンジゾーンは、従業員たちの間の交流と協働を助けるよう設計されています。

© Philip Durrant

© Philip Durrant

オフィスの家具は、Arperのコレクションから次のものが選ばれています: Astonアームチェア(デザイン:Jean-Marie Massaud)、Nuurテーブル(デザイン:Simon Pengelly)、Catifa 80チェア、Palmチェア、Sayaチェア、Zinta lounge(デザイン:Lievore Altherr Molina)、Pix tables(デザイン:Ichiro Iwasaki)。

常に最新情報を入手!
製品やイベントに関する新着情報
ストーリーなどをお届けします。

Arperアプリのご紹介

Arperアプリをタブレットにダウンロードして、Arperの世界をご堪能ください!

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。