• プレス受付先

プレス受付先

  • プレス受付先

イタリア

Umbrella comunicare design
Evelina Bazzo & Camilla Tosi
Viale Felissent 48
31100 Treviso
イタリア

T +39 0422 305442
F +39 0422 791800
M +39 328 9190706
E arper@umbrella.it

ドイツ、オーストリア、スイス、オランダ

Neumann communication
Anne Polch & Anna Weidemann
Eigelstein 103-113
50668 ケルン
ドイツ

T +49 (0)221 91 39 49 0
F +49 221 91394919
M +49 (0)177 7788921
E arper@neumann-communication.de

United Kingdom

Arper UK Ltd
Sophie Fabiani
11 Clerkenwell Road
London EC1M 5PA
United Kingdom

T +44 (0)20 7253 0009
M +44 7557 900717
E sophiefabiani@arper.com

米国とカナダ

DADA Goldberg
Defne Aydintasbas & Gina McNamee
195 Chrystie Street, Suite 901F,
New York, NY 10002

T +1 212 673 3232
F +1 917 379 3577
M +1 917 379 3577
E defne@dadagoldberg.com
E gina@dadagoldberg.com

日本

How Inc.
Mie Aizawa & Asako Gemma
#401 Fonte Toyama 2-22-14 Minami Aoyama,
Minato-ku,
Tokyo 107-0062 日本

T +81(0)3 5414 6405
E mie@how-pr.co.jp
E asako@how-pr.co.jp

その他の国々

Arper SPA
Stefania Zamuner
Via Lombardia 16
31050 Monastier di Treviso (TV)
イタリア

T +39 0422 791847
F +39 0422 791800
M +39 345 6408110
E press@arper.com

  • Log In

Arperへようこそ! ご質問やリクエストはこちらへどうぞ: infoweb@arper.com

未登録の方は、ここからご登録ください。登録するとカスタマイズされた快適なブラウジングが可能となるほか、会員専用コンテンツにもアクセスでき
ます。

タイトル
日付

Martedì 27 giugno Arper, azienda di Monastier di Treviso, ha dedicato un open day ai bambini per accogliere i figli dei dipendenti. I piccoli ospiti hanno avutola possibilità di vivere gli spazi dove lavorano i genitori, trascorrendo la giornata in modo originale e giocoso.

Una giornata dedicata ai più piccoli per vedere dove lavorano mamma o papà, capire cosa fanno nelle ore in cui sono fuori casa e conoscere i colleghi di lavoro.
Via libera al tour tra uffici, scrivanie e reparti produttivi per i bimbi dai 18 mesi in su, accompagnati da genitori e animatori.
I baby-ospiti hanno trascorso la giornata divertendosi con laboratori e attività: accolti dai trampolieri, i bambini hanno dedicato la mattinata a “interpretare” creativamente la seduta Juno, con colori e stoffe. I più grandi hanno riempito l’albero dei pensieri appositamente allestito, e hanno pranzato insieme a genitori e colleghi in un momento di allegria che contagia tutta l’azienda.

Arper ha una media di dipendenti giovani (al di sotto dei 40 anni) ) e le nascite sono un motivo di orgoglio per tutta la famiglia Feltrin: non solamente per Claudio, Presidente e AD dell’azienda, che ha sostenuto con entusiasmo l’iniziativa da subito, ma in primis per il padre Luigi, fondatore dell'azienda insieme ai figli Claudio e Mauro nel 1989 e attuale Presidente d’Onore di Arper, il quale saluta quotidianamente tutti i dipendenti, passando di scrivania in scrivania, di reparto in reparto. Nasce proprio da qui la volontà di creare questa iniziativa volta a conciliare la sfera personale con quella lavorativa, con l’intento che diventi un appuntamento annuale estivo, a seguito della chiusura dell’anno scolastico.

L'azienda ritiene importante creare un ambiente di lavoro che tenga conto delle esigenze dei dipendenti e questo evento vuole testimoniare la centralità delle persone nella visione aziendale di Arper.

Arper at Neocon 2017

“Together” is Arper’s concept for NeoCon 2017; a new perspective that places relationships at the center of design.

“Together” strongly sums up the theme of the community: spaces that adapt to new situations and suit the needs of everyday life. The theme of being together in harmony has always been at the foundation of Arper’s creation, design and production: shells, bases, accessories, materials, colors, and fabrics that work together flexibly and fluidly in order to achieve top results.

Arper will debut its new products and significant product updates in the brand’s permanent showroom on the 3rd floor of Chicago’s Merchandise Mart during Neocon, June 12-14, 2017.

New products this year include:

Arcos, designed by Lievore Altherr, 2017
The Arcos collection is a restrained interpretation of Art Deco’s geometric glamor––without the ornamentation. Though lightweight and quiet, Arcos maintains a graphic presence due to its signature cast aluminum armrests that form twin curves evoking the elegant rhythms of commanding archways seen in the corridors and walkways of architecture throughout the famed era.

The Arcos collection mirrors its classical source of inspiration in both form and context. Designed with public spaces in mind, the collection features a chair, lounge chair and sofa, all with armrests to accommodate lounge, dining, and waiting room settings. Special care was dedicated to the color customizations with the possibility to create a monochrome of velvet-like, inky hues in both upholstery and matte lacquer metal for an expression that signals understated expression.

Cila, designed by Lievore Altherr, 2017
A simple gesture, a sensuous feel. The fluid form of Cila was inspired by the image of layers of cloth enveloping the body. Its silhouette of smooth lines retains a graphic character from its distinctive curve –– the most essential symbol of shelter, being protected, being held. Cila’s easy shape blends into both residential and contract environments and is especially well suited for dining and entertaining contexts. Comfortable yet lightweight, Cila’s plastic shell can be customized in six colors with optional seat cushions or fully upholstered in a range of textures, colors, and styles. Base and leg options include metal legs, wooden legs, a metal sled or a trestle base.

Catifa Up, designed by Lievore Altherr Molina, 2017
As much a part of Arper’s identity as it is a testament to enduring design, Catifa 53 is produced following an exclusive manufacturing process pioneered by Arper to synthesize concept, form, and production. Catifa 53’s graceful curves and sleek, sensuous silhouette are achieved through an economy of materials. Catifa’s iconic shape is ubiquitous in use. Comfortable in both residential and contract environments, the chair is available in an array of colors, materials and constructions. New for 2017, Catifa Up offers a higher backrest than the original Catifa 53, and the addition of optional armrests and plush padding to lend stately comfort and support to boardrooms, workplaces, home offices, and conference rooms. A new range of upholstery options delivers visual intrigue to an indelible design. With Catifa Up, elegance and comfort team up to get the job done.

Product Updates

Meety, designed by Lievore Altherr Molina, 2016
Meety borrows its visual language from the architecture of the bridge: strong but lightweight, supportive but with room for air. Meety’s distinctive aluminum legs provide a sturdy foundation to suspend multiple tabletop options that can be customized to suit diverse contexts. For large group gatherings or the intimacy of home life, Meety’s elegant system has an option to suit any need: a soft, fluid boat shape imparts warmth and openness while the trapezoid tabletop shape can be arranged to meet the myriad demands of the workplace.
New for 2017, Meety’s dynamic system expands even further with new finishes and customizations. Thick and substantial smoked glass tabletops in round or boat-shaped options showcase understated allure. New satin matte surfaces in Forbo linoleum are now available in Pebble Grey, Powder Pink and black. A new range of colors for the Fenix laminate top arrive with options in black, white, Beige Luxor, Efeso Grey or Castoro Ottawa and base options in black, white, or anthracite grey to help the archetypal form of Meety seamlessly integrate into any setting. And for the workspace, Meety is now available with technological features to meet the demands of modern offices. Possibilities for cable grommets and trays, built-in vertical cable organization and a modesty panel have added contemporary utility to Meety’s timeless silhouette.

Nuur, designed by Simon Pengelly, 2009
Nuur is the essential form of a table distilled: a single plane balanced on four legs. Its universality makes Nuur supremely adaptable, integrating effortlessly into any environment ––from contract to residential, from the workplace to the intimate space of the home.
Originally designed in square or rectangular tabletops of colored laminate or wood veneer, Nuur expands its visual vocabulary with the addition of four new Fenix colorways: black, white, Bromo Grey, and Colorado Pink. It’s a distinctive new coat for a chameleon with endless adaptability.

イタリア北部の都市トレヴィゾを本拠地とする家具メーカーArper|アルペールは、2017 年 4 月 4 日より、インテリアデザインにおける世界最大規模の見本市、ミラノサローネ国際見本市 に出展します。アルペールは、本会場となる FIERA|フィエラ内、2 ヶ所に展示スペースを設 け、コレクションを展示します。

毎年、最も注目を集める Pav.16(C29 D30)の中でも、ひときわ目を引く 880 m²の広大な空間 で、アルペールを代表するアイコニックな製品を展示。Pav22(D20 D24)では、“A Joyful Sense at Work”(働く空間に楽しさを)と題し、オフィスに特化した展示を行います。クリス ティーナ・クトローナがキュレーターを務め 200m2 の展示空間に、モダンなワーキングスペー スを演出します。 2017 年ミラノサローネにおける Arper のテーマは “Together”(トゥギャザー)。多種多様 な「関係性」をデザインシステムの中枢に据えた独自の世界観を展開します。 シェル、ベース、アクセサリ、材質、カラーバリエーションの相互作用を生かした設計システ ムに見られるモノとモノとの関係性、すべての要素が柔軟に調和し、最高の効果を生み出すモ ノと空間の関係性、そして空間の選び方と自分らしいアレンジによって生まれる空間と人間と の関係性・・・ 新しい生活や日常のニーズに空間が適応するという発想から生まれた“Together” のコンセプ トに基づきアルペールが提案する空間をお楽しみください。

2017 年のニュース

ブースのインスタレーションについて
アルペールは、マリア・チャルネコ、アルフレド・レリダ、ギリエルモ・ロペス、アンナ・プ ジャネが共同で設立し、空間規定システムの設計を専門とするバルセロナの建築スタジオ MAIO をパートナーに、デザイン展示を展開。アルペールのビジュアルコンセプトのディレクション を務める Studio LA の ジャネット・アルテールと共に、MAIO は、建築と アルペール製品の 対話を喚起するような空間を作り出すシステムを創出します。スタイリストとライティングデ ザイナーで編成されたチームは、アルペールの革新的なアプローチを展開します。MAIO は本プロジェクトについて、「シンプルでありながらも組み合わせ自在な要素を複合化す ることで、多様な種別の空間によりよく調和し、かつその空間の規定までもができるようなシ ステムを設計しました。こうした組み合わせ自在な要素は、それぞれが簡単かつ能率的に組み 立て可能なシェル構造となっています」と語っています。 この新展示システムを採用した Pav16 では、アルペール製品を展示する多数の部屋に取り囲ま れた、交流を促す大きな広場から、メイン広場へとつながります。広場から部屋へ、部屋から 部屋へと通り抜ける感覚は、期待感や高揚感をもたらします。MAIO が手がける本プロジェクト は、部屋をモジュラー式にすることで、空間の拡大縮小を自在に行えるようにすることが特徴 です。システム自体のオリジナリティ、床や壁の構造に加え、特徴的なのが天井です。変わっ た形や幾何学形状のバリエーションにより、それぞれの部屋に個性とストーリー性をもたらし ます。 Pav22 もしくは Hall22 では、同じ展示システムが、形体、材料いずれの点でも異なる表情を見 せます。ブース全体が、空間の連続性を重んじながら、空間の知覚性を高める透明な上貼り で、影と透明感を演出します。

Catifa Up, designed by Lievore Altherr Molina, 2017.
リエボレ・アルテール・モリーナがデザインを手がけた Catifa 53 は、アルペールを代表するデザ インとして、多様な空間で採用されています。調和のとれたチェアの直線や曲線、洗練された フォルムは、センシュアルな感覚を失うことなく余分を削ぎ落とすことによって作り出されて います。コンセプトとデザインを統合するこの革新的生産プロセスで、アルペールは特許を取 得しています。新作 Catifa Up では、バックレストが高くなり、新デザインのアームレストがオプションで取 り付けられるようになった他、柔らかなクッション充填により、ミーティングルーム、オフィ ス、書斎、カンファレンスルームなど様々な空間で快適な座り心地を実現するチェアです。

Arcos, designed by Lievore Altherr, 2017.
クラシックフォルムの再来。Arcos コレクションでは、アールデコ様式の幾何学模様を凝縮、 再解釈し、その魅力を新たに提案します。軽やかで洗練された Arcos チェアとソファは、ツイ ンカーブを思わせるグラフィックなアルミニウムのアームレストが、古典的建築物に用いられ ていたアーチの優雅なリズム感を想起します。 パプリックスペース向けに考案された Arcos コレクションは、チェア、アームチェア、ソファ で構成。いずれもアームレスト付きで、ラウンジエリア、レストラン、待合室などにも最適で す。休息、リラックス、社交といった快適な空間のインテリアを構成する、既存のコレクショ ンとも対話するように考えられた本コレクションは、色使いによって、張り地やマット仕上げ のメタルフレームがビロードのニュアンスを思わせるモノクローム効果を発揮し、独特のトー ンを生み出すコレクションです。 今回発表される Arcos はプロトタイプとなります。販売は、2018 年予定しています。

Cila, designed by Lievore Altherr, 2017.
シンプルな形が特徴の Cila は、住宅にもコントラクト空間にも馴染み、休憩、娯楽空間に最 適です。快適かつ軽やかなプラスチックのシェルは 6 色展開で、クッション加工の座面に、豊 富なファブリックやカラーバリエーションの組み合わせをお楽しみいただけます。ベースは木 の 4 脚構造、またはメタルの 4 脚、スレッド、柱脚での展開を予定しています。 シンプルな美しさを感じさせる Cila の流れるようなラインは折り重なって体を包んでくれる ファブリック製の洋服を思わせます。柔らかな曲線のシルエットは、包まれているような安ら ぎを与えます。今回発表される Cila はプロトタイプとなります。販売は、2018 年予定しています。

コレクション最新情報

Meety.
リエボレ・アルテール・モリーナがデザインを手がけたテーブル Meety は、一見シンブルで軽 やかな印象を与えますが、丈夫な橋の建築構造をベースに作られています。アルミニウムの脚 が頑丈なベースとなり、用途次第でカスタマイズできる種類豊富な天板を支えます。多様性と 優雅さが特徴の Meety のテープルシステムは、大人数でのミーティングから親密な家庭空間ま で様々なニーズに対応します。暖かく迎え入れるような柔らかなシルエット。台形の天板は働 く空間の多様な使用ニーズに応える機能性を発揮します。 2017 年、Meety のダイナミックなシステムは、新たな仕上げとカスタマイズ機能でさらに充 実。新たに加わる灰褐色の円形や楕円形のガラス天板が独自の魅力を放ちます。白黒にルクソ ールベージュ、エフェソスグレー、オタワビーバーの新色が加わった Fenix のラミネート天板 には、白、黒、チャコールグレーのベースを組み合わせることができ、さまざま空間でご使用 いただけます。またオフィス空間向けには、仕事のニーズに応えるアクセサリも展開。すっき りと縦にモデスティパネルと一体化させたシステムにケーブルホールやホルダーを収め、不朽 のデザインに現代的機能を加えています。

Nuur.
サイモン・ペンジェリーがデザインを手がけた Nuur は、テーブルの原型とも言えるモデルで す 4 本の足に載せられたつなぎ目のない研ぎ澄まされた天板が、ピュアでありながら柔軟な美 しさを演出します。 既存の長方形と正方形の天板には、新たに Fenix カラーの黒、白、ブルーミンググレー、コロ ラドピンクの 4 色が登場し、ベニヤ板とカラーラミネート素材の天板の組み合わせも可能にな り、さらに活用の幅が広がります。

開催概要
会場:ミラノサローネ国際見本市 FIERA 本会場
期間:2017 年 4 月 4 日(火)〜9 日(日)

Pav 16 ブース C29 D30
ワークプレイス 3.0 / オフィスサローネ
Pav 22 ブース D20 D24

PDF
当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。