Aston Club Low Back

Arper Aston Club Low Back, © Salva Lopez© Salva Lopez

Design by Jean-Marie Massaud

自宅のどこにいても、穏やかなひとときを。 アストンクラブローバックは、2006年発表のアストンのオリジナルのフォルムを継承し、ミニマルなフォルムに豊かでエルゴノミックな快適性を内包しています。どんな環境の中でも、両手を広げて包み込むように、自分だけの隠れ家のような静かな空間を作り出してくれます。また、そのクリーンなフォルムのラウンジチェアを数脚配置すれば、人と人とが会話したり交流するのにも最適です。モダンでピュアなシルエットに包まれると、まるで心地よい繭の中にいるようです。

Arper Aston Club Low Back, © Salva Lopez© Salva Lopez

アストンクラブローバックは、外側と同じように内側も配慮されています。モダンなラウンジチェアは、接着剤を使用せずに、廃棄プラスチックを原料とする再生プラスチックで作られた内部コンポーネントを使用して、アストンクラブのサスティナビリティへの取り組みを継承しています。長く愛されるタイムレスなデザインであるだけでなく、それぞれの部品は解体でき、また部分的な張替えをすることもできるため、製品寿命を延ばして環境負荷の軽減に貢献します。人間工学に基づき、極上のコンフォートを実現するよう細部にいたるまで設計されています。

Arper Aston Club Low Back, © Salva Lopez© Salva Lopez

クリーンでミニマルなシルエットの中に、科学的根拠に基づいたクラフトマンシップ精神が詰め込まれているのです。アストンクラブローバックラウンジチェアは、住宅にもオフィスにもお使いいただけます。アルミニウム製光沢仕上げまたは塗装仕上げのクロスレッグのベースと豊富なバリエーションの張地の組み合わせで住宅にもオフィス空間にもお使いいただける、まさにロングライフの万能なラウンジチェアなのです。

Arper Aston Club Low Back, © Salva Lopez© Salva Lopez

Aston Clubの内部部品は、産業廃棄物から得られた再生プラスチックで作られています。Aston Clubは完全に解体可能で、すべての素材はリサイクルまたはアップサイクルして他の製品のラ イフサイクルに組み込むことができるため、全体的な廃棄物の削減につながります。排出物削 減のため、Aston Clubには接着剤が使用されておらず、すべての構成部品を責任を持って廃棄 するこすることができます。Aston Clubには、VOC(揮発性有機化合物)*を排出しない粉体塗 装が使用されています。

常に最新情報を入手!
製品やイベントに関する新着情報
ストーリーなどをお届けします。

Arperアプリのご紹介

Arperアプリをタブレットにダウンロードして、Arperの世界をご堪能ください!

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。