Kata

Arper Kata, © Salva Lopez© Salva Lopez

Design by Altherr Désile Park, 2021

そのフォルムも、環境への負荷もライトなカタは、循環型の持続可能性をコアコンセプトとしてデザインされました。カタは アルペール初の無垢材のラウンジチェアで、職人による伝統的なストローチェアからインスピレーションを得ています。現代的でサスティナブルなアプローチにより、木材とわら編みでできた普遍的なストローチェアをグラフィカルで温かみのある表現で再解釈しました。素材の存在感がありながらもミニマルなシルエット、柔らかさと強さ、伝統と技術 - カタは相反する要素を兼ね備えたコレクションです。

Arper Kata, © Salva Lopez© Salva Lopez

カタラウンジチェアは、伝統的な職人技とソフトテクノロジーの融合によって誕生しました。FSC認証のオーク材またはニセアカシア材のフレームに、独自に開発された3Dニットテキスタイルを組み合わせています。ニットテキスタイルは使用済みプラスチックを原料とする再生ポリエステル製で、インドアおよびアウトドアでの使用に適し、耐久性があり、軽量かつ汚れに強い繊維となっています。

Arper Kata, © Salva Lopez© Salva Lopez

3Dニットのテクノロジーにより、テキスタイルはフレームに合わせた形状に編み上げられ、従来の布張りの製造工程のように無駄な生地のハギレが発生しません。一体型のシートとバックは、リネン色・小麦色・木炭色の3色展開のマイクロパッド入り3Dニットのタイプと、水色・小麦色・木炭色の3色展開の軽量3Dニットのタイプがあります。オプションのシートクッションとバッククッションは、アルペールの張地ラインナップからお選びいただけます。

Arper Kata, © Salva Lopez© Salva Lopez

Kataにおけるサステナビリティとは、プロセスに後付けされたものではなく、デザイン自体を推進する上で中心的な役割を果たしています。まず、使用されているリサイクルポリエステルの原料は使用済みプラスチックで、1キロの糸を生産するのに、廃棄物約1キロ(またはハーフPETボトル約48本)が使用されます。これにより、埋立処分されるプラスチックが削減されるだけでなく、プロセスで使用されるエネルギーがバージンポリエステルを製造するよりも遥かに少なくて済み、リサイクル品にさらなる商業的用途を提供することでリサイクルシステムを支援します。

Arper Kata, © Salva Lopez© Salva Lopez

Kataには、FSC認証を受けた森林から生産された堅木材が使用されています。つまり、非常に長持ちすることから、製品の寿命を保証します。木材に使用されているニスは水性です。さらに、出荷には、接着剤を使用せずに作られたリサイクル可能なプラスチックと軽量の段ボールが使用されます。KATAは完全に分解してリサイクルすることができます。

常に最新情報を入手!
製品やイベントに関する新着情報
ストーリーなどをお届けします。

Arperアプリのご紹介

Arperアプリをタブレットにダウンロードして、Arperの世界をご堪能ください!