Saya

デザイン: Lievore Altherr Molina(リエボレ・アルテール・モリーナ), 2012

Sayaは、素材の木に彫り込まれた痕跡であり、署名であり、グラフィックデザイ ンです。置かれた空間に独特のサインを残します。滑らかなライン、ぬくもりを感じさせる素材、そして明確なシルエットが見る人の目をとらえます。一つ一つ の部分を超えた全体としての効果を発揮します。Sayaは、ご家庭からコントラクトまで、さまざまな環境へ誘います。

Saya Lievore Altherr Molina 2012© Marco Covi

ホームユースとコントラクトユースの両方を想定したデザインのSayaは、65 cmと75 cmの高さのチェアとスツールで展開します。オーク材で、カラーはナチュラルオーク、チーク、または目はじき仕上げのホワイト、ブラック、オーカーのほか、同系色の組み合わせができるよう3種類のトーンのレッドもあります。チェアやスツールのシェルにはクッション材入りのものもあり、全体または座面のクッション部分のみが上張り加工となります。

Saya chair Arper 2012© Marco Covi

スツールはクロームスチールのスレッドベースのみで、チェアには木製またはクロームスチールのスレッドベースと4本脚ベースがあります。クロームスチール製ベースのバーションは、大量に使用したり重ねて保管したりしやすいようスタッキング可能です。

Saya Arper 2012© Marco Covi

Saya© Marco Covi

常に最新情報を入手!
製品やイベントに関する新着情報
ストーリーなどをお届けします。

Arperアプリのご紹介

Arperアプリをタブレットにダウンロードして、Arperの世界をご堪能ください!