Arper & マクラーレン

マクラーレンのディーラーのインテリアに Arperの製品が選ばれました。このプロジェクトの一番の課題は、世界中のマクラーレンのディーラーの元でプロジェクトの一貫性を保証することでした。Arperは、特定の各環境の空間的特性に同一のインテリアデザインコンセプトを適応させることで、この課題に挑戦しました。マクラーレン・オートモーティブのリテールデザインマネージャーのエリオット・モーリスは、このプロジェクトとArperとの協働について次のように語っています。

© Altan Omer

この世界的スケールのマクラーレンプロジェクトは、どのようなデザインコンセプトを基としたものなのでしょうか?


私たちが求めていたのは、ブランドアイデンティティを表現できるようなリテール環境を再現することでした。マクラーレンの自動車を主役の座に保ちつつ、我社の最先端のテクノロジー感が伝わるようなショールームを目指しました。Arperが我社のさまざまな環境と調和良く対話できる製品を提供してくれたおかげで、このような成果を得ることができました。とにかく絶対的主人公は自動車なのですから。


このプロジェクトを委託されたとき、何からインスピレーションを得ましたか?

マクラーレン・テクノロジーセンターのオフィスは、マクラーレンの心臓ともいうべき中心部にあり、そこは魔法を現実にする場所です。マクラーレンの世界の覗き窓といった、この魔術的な感覚を再現したいという思いがインスピレーションとなりました。


市場にいろいろあるブランドの中からArperを選んだ理由は?

もう数年来ロンドンではArperとのお付き合いが続いていますが、Arperが製品ラインナップを着々と充実させていることもあって、非常に良い関係ができていました。マクラーレンでは、素晴らしいデザインとこれまた高い品質を融合し、さらに有効なサポートを提供するArperの際立たった能力の重要性を認めています。ですからマクラーレンがArperを選んだのはごく自然の成り行きでした。


Arperの製品を選ぶうえで、カスタマイズ性はどのくらいの重要でしたか?

マクラーレンのお客様の多くは愛車をカスタマイズすることに情熱を燃やされます。そのため、私どももArper製品のカスタマイズ性を評価し、それがもたらす価値についても全面的に理解しています。その結果、このような考え方をくまなく伝えるためには、当社のディーラーへエクスクルーシブな製品を提供することが極めて重要なことでした。Loopソファーでも、Catifa 80アームチェアでも、マクラーレンの刺繍ロゴを入れたカスタマイズバージョンは、我社の期待を完全に満たし、あっという間にアイコニックな存在となりました。

常に最新情報を入手!
製品やイベントに関する新着情報
ストーリーなどをお届けします。

Arperアプリのご紹介

Arperアプリをタブレットにダウンロードして、Arperの世界をご堪能ください!

当社のホームページをより快適に閲覧していただくために、当サイトではクッキーを使用しています(サードパーティのものを含む)。このまま閲覧を続けますと、提示された使用条件に従ったクッキーの使用に自動的に同意することになります。詳細をご覧になりたい場合およびお客様のクッキー使用に関する設定を変更したい場合は、当社のプライバシー規約をご参照ください。